生活を助けてくれる自動制御システムの存在

身近なシステム

ウーマン

私たちの暮らしのそばにあるシステム

自動制御とは、様々な数値や状況をセンサーなどで感知し、文字通り自動で制御するシステムのことです。例えば車であれば、最近よく耳にする自動車の自動ブレーキ機能をはじめ、車間距離の調整や運転状況に応じたエンジン制御などが年々進化しており、近い将来には目的地まで完全な自動制御による運転が実現されると思われます。生活家電のシステムもまた発達し続けて、温度管理やタイマーなどの単純な制御から簡単なAI(人工知能)を制御するようになり、いわゆるお掃除ロボットなどは既に馴染み深いものとなりました。最近では、スマートフォンなどのモバイル機器から生活家電を自動制御できるアプリが登場したり、さらに身近なものになりつつあります。もっと大規模な自動制御システムになると、ビルを管理するものまであります。最先端技術を駆使した自動制御システムは、重要施設の監視まで24時間365日、徹底して行なえるのでビルの安心安全管理を徹底できると言えるでしょう。

工業を支えるまさに縁の下の力持ち

近年様々な場面でIT化が進み、自動制御システムは特に工業分野で大いに活躍し、私たちの生活を支えています。人の手だけでは難しい、圧力や温度の些細な変化の見極めや、非常に高温になったりガスが発生したりする、人の立ち入れない危険な環境下における自動制御は、もはやなくてはならないものでしょう。また、クラウドコンピューティングが一般的になってからは、ウェブ経由での自動制御も比較的容易になり、農場における温度や湿度の管理を無人化するなど、可能性がどんどん広がりつつあります。日本の各地に建ち並ぶさまざまなビルの中で、こうした自動制御システムは大いに役立っているのです。

作業員

研究が行われている

自動制御があります。この自動制御とは対象の物理量を目標に近づけるために利用するモノです。古典制御から現代制御まで幅広い分野があるという特徴もあります。現在では研究が進められています。

男性

さまざまな施設に

快適な環境を守る為に、ビルなどの中には多くの空調設備などが備えられています。それらの設備を省エネ化することで、地域環境を守ることに繋がるでしょう。注目される取り組みに参入する企業の数が増加傾向にあると言われています。

男の子

騒音を防ぐ

工場内で行なっている作業によって生じる音で、周囲に迷惑をかけてしまっている場合があります。近隣住民とのトラブルに発展すると企業イメージも低下してしまいますので、騒音対策を行ないましょう。